キャッシングのアドオン返済・アドオン金利とは何かを解説します。

キャッシングの返済方法には、1活払い、分割払い、リボルビング払いなどが有ります
この中で、分割払いの方法が、アドオン返済というものです
アドオン返済とは、最初にキャッシングした金額に対して所定の年率を掛け、それを支払回数で割った金額を、毎月返済する方式です
キャッシングの利息に対する計算方式として馴染みがあるものは実質年率方式と呼ばれるものですが、これは[ 利息=キャッシング残高×実質年率÷365×借入日数]です
返済を行えば、当然その借入残高も減っていくため、そこにかかる利息額も毎月減っていくことになります
これに対してアドオン返済の場合は[利息=キャッシング元金×アドオン利率]となり、その支払額は[キャッシング元金+(キャッシング元金×アドオン利率)]と、非常に単純で分かりやすいものとなっています
特別な表記がされていなければ、回数の決められた支払はアドオン返済であると考えてください
さて、このアドオン返済方式、大変わかりやすい内容ではありますが、リボルビング払いのように、キャッシングの元金が減っていくに従い利息が減るという様なことはありません
その為、実質年率とアドオン利率が同じパーセンテージで有れば、アドオン返済の方がより多くの利息を支払うことになります
アドオン利率は一見すると、とても低い利率に見えますが、実質年率に換算するととても高いものとなります
その為、ショッピングクレジットやキャッシングの分割払いなどでのアドオン利率のみの表示は禁止されており、実質年率との併記、もしくは実質年率での表示とされています
アドオン利率は分割手数料などど表されることも多くあります
支払い回数が多い方が利率は低くなりますが、当然実際に支払う利息額は大きくなっていきますので注意しましょう
アドオン返済にこ利点はあります
支払回数と金額が最初に決められているということは、借りている側も計画が立てやすく、確実に支払いを終わらせることが出来るからです
リボルビング方式での支払いは、最初のうちは返済額のそのほとんどが利息分に充当され、元金がなかなか減らない、実際にどのくらいの期間で払い終えることが出来るのか分かり辛い、支払総額が計算し辛いといったデメリットもあります
アドオン方式での支払いが良いのか、それともリボルビング払いの方法が良いのか、いずれにしても、しっかりと考え計画的に利用するようにしたいですね