キャッシングの返済に困ったときはどうしたら良いか?事前に不安を解消。

無事キャッシングができると一安心できることと思います
と、同時に、今度はかならず返済日がやってきます
万一、引き落としの日に残高が足りなかったら・・・?出費が重なり、返済額が用意できなかったら・・・?これからキャッシングをしようと考えている人は不安に感じるでしょう
また、すでにキャッシングをしている人も、返済のことで悩んではいませんか?期日までに返済できそうもない時は、すぐにキャッシング会社に連絡をするのが一番です
そして、可能であれば、いつ頃に返済できるかを伝え、それまで待ってもらえるように交渉しましょう
キャッシング会社にとって、連絡がなく、返済も行われないというのが一番良くないことです
数日の遅れであれば、最初は返済日が過ぎていることを伝える程度の連絡が入る位ですが、ここで連絡が取れずにいると勤務先にも連絡が入るようになります
また、何度も返済が遅れたり、連絡が取れない状態が続くと、電話をかけてくる相手の口調も厳しいものになり、やがて怖くかんじるようになってきます
ですが、返済されないことを恐れているのは、キャッシング会社なのです
支払いが出来そうもないと思った時は、話しをすることを恐れずに、すぐに連絡を入れるようにしましょう
そして返済の意思があることをきちんと伝えた上で、待ってもらうようにしましょう
返済日を遅らせることが出来たからと言って、そのままズルズルと延ばしたりしては絶対にいけません
新たな借り入れができなくなるばかりか、契約を解除され、一括での返済を求められることもあります
当然、事故情報として信用機関にも記載されますので(通称ブラック情報)、返済を終わらせても、その後数年間キャッシングをしたりローンを組むことが出来なくなるので気を付けてください
また、既定の期日までに返済できなかった場合には、それ以降の日数は遅延損害金が付くことになります
遅延損害金は、通常の金利よりも数パーセント高く、最高で20%くらいまでかかってきます
何度も遅れていると、それだけ多くの支払額が必要となり、結果として自分が苦しむことになります
それでも支払いが厳しくなってきたときは、早めに金融機関に相談しましょう
必要に応じて専門の機関を紹介してくれます
決してほかの会社から更にキャッシングして返済するようないわゆる自転車操業はやめましょう